エイズ(AIDS)

エイズ(AIDS)とは

エイズ(AID:Acquired Immunodeficiency Syndrome)とは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して起こる病気で、感染すると身体を病気から守る免疫系が徐々に破壊され、身体の抵抗力が低下し、様々な感染症や悪性腫瘍にかかってしまうものです。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染してしまっても、すぐに症状が現れるものではないのです。しかし、症状がないにもかかわらず性行為などによって他人にうつる状態にある期間が長く続きます。この期間を潜伏期間といいますが、短くて6カ月位 から長い場合は15年以上の場合もあります。

潜伏期間を過ぎると、身体の抵抗力が弱まり様々な病気にかかります。この発病した状態をエイズと言いますが、発病してしまうと完全にエイズを治す治療薬はまだなく。ある種のがんと同じように重篤な病気です。

しかし、HIVは感染力が弱いうえに感染経路も限られているので、注意する事により感染予防は確実にできるのです。

HIVは主として血液・精液・膣分泌液によって感染するので、日常の社会生活では性行為以外ではまず感染することはありません。性行為におけるコンドームの正しい使用は、エイズや他の性感染症予防にとって有効な手段です。心配な方は、エイズの検査を積極的に受けほうが良いでしょう。

感染の可能性があったときから3ヶ月以降であれば、感染したかどうかの確実な判定ができます。検査結果を知ることは、二次感染防止ばかりでなく、自分自身にとっても、医師の指導を守りながら生活することにより発病を抑えることが可能となるため、非常に重要なことです。現在では、発病を抑えるよい薬も開発されており、世界中で治療薬やワクチンなどの研究が進んでいます。

エイズ(AIDS)の感染経路

HIVウイルス自体は凄く弱いウイルスで、空気や水に触れるとウイルスは死んでしまうので、日常の生活で過敏に恐れることはありません。よく間違った知識を耳にするので、以下に例を記載しておきます。
キスをしても感染しません
普通にキスをする分には感染することはありません。口内が出血をしている状態でのキスは感染の可能性があります。

唾液や汗でも感染しません 同じお皿やコップを使っても感染しません
上記のキスについての原理と同じです、問題はありません。 HIV感染者の血液を吸った蚊に刺されると感染してしまう? ウイルスは蚊の体内で死んでいますので、心配は要りません。

銭湯やプール、海水浴場等で感染しません
万一、感染者に出血があった場合でもウイルスは、体外では生存しにくく、熱や消毒液、水中で死んでしまっているので心配は要りません。

エイズ(AIDS)の症状

エイズ(AIDS)の症状は、感染後の期間ごとに下記のように分けられます。

【感染初期(感染後2~4週間)】

発熱、のどの痛み、体のだるさ、筋肉痛、など風邪やインフルエンザに似た症状が出ることがあります。これらの症状は数週間で一旦無くなり、次の無症候期間へ移行します。感染初期にこれらの症状がほとんど出ない場合もあります。

【無症候期間】

この期間がこの病気のもっとも怖いところなのですが、感染初期を終えて、全く症状のでない期間が5年~15年(個人差があります)続きます。この間にHIVウイルスはリンパ組織で増殖していき免疫システムを破壊しています。

【エイズ発症期】

免疫システムが破壊されていき免疫力が低下してしまいエイズの発症が近づいてくると、ひどい下痢、大量の寝汗、急激な体重の減少などがおきます。
免疫力が低下してほとんど無くなっているので健康な状態では問題の無い細菌やウイルスにより感染症や悪性腫瘍、神経障害などの様々な症状を引き起こしてしまいます。 HIVウイルスに感染したことにより免疫力が無くなり引き起こされるこれらの症状を総称してエイズ(後天性免疫不全症候群)と呼びます。

エイズ(AIDS)の予防

エイズ(AIDS)感染を予防するには、やはり性行為の際に必ずコンドームを着用するようにすることと、不特定多数の異性との性行為の自粛するのが感染予防の方法といえます。

Comments are closed.