梅毒

梅毒とは

梅毒とは、トレポネーマ・パリダム(Treponema pallidum:TP)に感染して発祥する病気のことで、コロンブスが新大陸の発見と共にヨーロッパに持ち帰り、その後爆発的 に全世界に広がったといわれています。

ひと昔前まで(治療薬ペニシリンが発見されるまで)は、不治の病として恐れられていましたが、今は早期治療すれば完治します。

梅毒の感染経路

他の性病と同じように、主に性行為により感染します。

皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌(トレポネーマ・パリダム:TP)が侵入し、血液中に入って全身に広がります。

先天性梅毒といわれる母子感染は、胎児に感染する前に治療が行われることにより、現在では感染するケースはほとんどありません。

梅毒の症状

梅毒の症状は、男女ともに症状は同じで、症状は4期に分かれます。

第1期(感染後:約3週間)

感染した場所(性器、口、肛門等)の皮ふや粘膜に、しこり(軟骨の硬さ程度、小豆から人差し指の先位までの大きさ)ができます。その後、しこりの中心部が硬く盛り上がってきます。

また、太ももの付け根の部分がはれますが、これらは共に痛みを伴いません。

この段階の症状は、放置しておくと2~3週間で消えます。

第2期(感染後:約3ヶ月)

病原菌が血液に入り、全身に広がります。

体の中心線にあたる部分を中心に顔や手足にピンク色の円形のあざできます。赤茶色っぽく盛り上がったブツブツ小豆からえんどう豆くらいの大きさのものになります。

さらに脱毛症状が見られてきます。

これらの症状は、3ヶ月から3年続き、自然に消えます。その後しばらく、無症状が続きます。

第3期(感染後:約3年以上)

早期の治療により現在ではほとんど見られませんが、この段階では皮下組織に大きめのしこりができます。結節性梅毒疹やゴム腫などといわれます。

第4期(末期)

早期の治療により現在ではほとんど見られませんが、心臓、血管、神経、目などに重い障害が出ます。

梅毒の治療

梅毒の治療は早期対応が必要です。

明らかに感染している自覚症状がある場合は、泌尿器科、性病科、皮膚科へ(咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科へ)相談しましょう。

ペニシリン系抗生剤をそれぞれの症状に応じた期間、服用しすることにより治療が可能です。

また自覚症状が無くても感染の不安がある人は、自宅での検査をオススメします。

梅毒の予防

コンドームの着用ですが、この方法は効果はありますが、他の性病と比較すると確実性は低くなります。コンドームをしていても、性器以外の感染箇所との接触により感染する可能性があるからです。

やはり不特定多数の異性との性行為の自粛することが一番の感染予防策といえます。

Comments are closed.