ヘルペス

ヘルペスとは

ヘルペスとは、主に2種類のヘルペスウイルスの感染によって発症する疾患で、いずれも耳鼻科と関係しています。これらの2つの名が似てるので混乱しないように注意しましょう。

2種類のヘルペスウイルスとは下記のものです。

水痘-帯状疱疹ウイルス(Variccela-zoster virus):
水疱瘡を引き起こすヘルペスウイルス

単純ヘルペスウイルス(Herpes-simplex virus):
口唇や性器に発疹を引き起こすヘルペスウイルス

この単純ヘルペスウイルスによる感染では、発疹する場所によって「口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)」と「性器ヘルペス(単純ヘルペス2型)」と分類できます。

ヘルペスの感染経路

帯状疱疹ヘルペスの感染経路

普通の風邪と同じようにで、ウイルスを含有する飛沫もしくは飛沫核による空気感染、上気道、下気道がウイルスの排出、侵入、または接触とといわれています。
あるいは痂皮になってない皮膚症状からの接触感染もありえます。あるいは帯状疱疹の人からの接触感染や飛沫感染もありえます。

帯状疱疹の方からは、口腔内などの体液からもウイルスは検出され、稀にそこから感染することもありまが、帯状疱疹からの感染は水痘からに比べ弱いです。

口唇ヘルペスの感染経路

口の周りに感染するものなので、当然のことながら接触(キス)で感染します。しかしそれ以外はあまり気にする必要はないと言うことも言われています。

性器ヘルペスの感染経路

こちらも名前のとおり性行為により感染します。お風呂などからうつることはほとんどないと考えられています。

ヘルペスの症状

帯状疱疹ヘルペスの症状

帯状疱疹ヘルペスは、ウイルスが体内にひそみ、体に抵抗力がなくなると、体の中に元々潜んで、おとなしくしてたものが行動を開始します。初めの感染は水疱瘡であることが多いです。

水疱瘡は一回かかると一生感染しませんがそのときのウイルスが体の中の神経節に潜むと言われています。そのようなことから逆にいうと一回も水疱瘡にかかってない人に、帯状疱疹の人の皮膚から接触感染して水疱瘡になる危険もあるので、注意が必要です。

帯状疱疹は全身に起こりますが、典型的なケースでは、違和感・発熱と激痛にはじまり、耳たぶや(耳介)外耳道、鼓膜や頬部皮膚に紅斑と栗粒大の丘疹がおこりそれが水疹になるが後にしだいに治癒していきます。

口唇ヘルペスの症状

はじめ口唇や口の周りなどの一部が赤くなり、しばらくするとその上に小さな水ぶくれができ、患部には軽いかゆみや、痛みなどを感じるようになります。

普通は、水ぶくれがやがてかさぶたとなって、10日~2週間くらいでおさまってしまいます。
また、同じヘルペスウイルスが原因で、口内炎の症状が出る場合もあります。
初感染であるのか再発であるのか、体調によって症状の程度は異なります。

初感染の場合、口唇や口の周りの広範囲に水疱が多発し、発熱、あごの下のリンパ節の腫れがみられひどい症状になりますが、再発の場合は一部分に限局し、軽症となります。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状は、初感染と再発の症状が異なってきます。
初感染の症状は、
性交渉などで感染してから4~10日間で発症し、ひりひり感、むずがゆさ、灼熱感、痛みなどを感じます。

その後赤いブツブツができ、水ぶくれになり、それが破れてかいようを形成します。徐々に痛みが増し、激しい痛みがあります(女性は排尿時に痛みを伴います)。
再発の症状は、
ひどい症状の初感染が治ってからしばらくして(1~12か月くらい)、再び感染部位に病変をつくることがあります。

多くの場合、初感染のひどい症状を経験しないで軽い再発の症状から始まります。再発の症状は軽く、痛みもあまり強くはありません。

ヘルペスの治療

帯状疱疹ヘルペスの治療

感染した場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。内服、外用薬がありますが、症状がひどければ入院して点滴することもあります。

ただし、これは症状を抑えるだけで、体の中のヘルペスウイルスをなくすことはできません。

ヘルペスウイルスは体のなかにずっと潜んでいたものです。帯状疱疹がでてしまうということは体が疲れてしまっている証拠と考えられますので、ゆっくり体を休ませることが必要です。

口唇ヘルペスの治療

感染の可能性があると感じたら、なるべく早めに皮膚科に相談しましょう。

治療にあたってはウイルスが増えるのを抑えるお薬(抗ウイルス薬)を使うことが最も効果的です。医師は効果と使いやすさを考えて症状に合った抗ウイルス薬を選択し、その他の状況に応じて痛み止め、ビタミン剤、抗生物質などで治療します。

性器ヘルペスの治療

感染の可能性があると感じたら、なるべく早めに皮膚科、泌尿器科、婦人科などに相談しましょう。

治療にあたってはウイルスが増えるのを抑えるお薬(抗ウイルス薬)を使うことが最も効果的です。医師は効果と使いやすさを考えて症状に合った抗ウイルス薬を選択し、その他の状況に応じて痛み止め、ビタミン剤、抗生物質などで治療します。

ヘルペスの予防

ヘルペスウイルスは、もともと体内に潜んでいるものです。

そのヘルペスの再発を防ぐためには、抵抗力のある丈夫な体をつくることが必要です。食事は栄養のバランスを考えてきちんととり、適度な運動の習慣を身につけて基礎体力を高めておきましょう。それに、深酒をつつしむことも大切です。

性行為やディープキスによる感染に対しては、不特定多数の異性との性行為を自粛することが一番の予防となります。

Comments are closed.