包茎とは

包茎とは男性はある年齢になると、陰茎(ペニス)先端部の皮膚、すなわち陰茎包皮が陰茎のつけ根の方へ後退して亀頭が露出するようになります。しかし何らかの原因で成人しても包皮が後退せず、亀頭をおおったままの状態にあるものを「包茎」といいます。
俗に「皮かむり」と言われ、日本では昔から男の恥とされてきました。誰でも小さい頃には包皮が亀頭をおおっていますが、これは「生理的包茎」といって、ごく自然な状態なので何ら心配は要りません。

包茎が後退して亀頭が露出する年代には個人差があるため一概に何歳からとは言えません。一般的には性器が本格的な成熟をはじめる思春期以降であるといわれています。

あまり人に話すことではないので知られていないのですが、包茎の人は意外に多く、ある統計によれば全男性の半数以上、約60%にみられるということです。また、意外にも日本人よりも外人に多くみられるとも言われています。

幼少期の包茎は焦らずに
幼少期の「生理的包茎」の時期に包茎を気にする親は少なくないようです。
最近は、包皮を反転させて洗い、清潔にするよう指導される場合もあります(実際に私も親に指導されました^^;)
しかし「幼少期に無理にむいて洗うのは危険」とされているので注意が必要です。

それは、子どもの包皮は伸びにくく、無理にむいて洗うと包皮が傷つき、傷跡が修復される過程で真性包茎になってしまう場合があるからです。
包皮をむかない状態で普段からきれいに洗えば済みますし、包皮炎を起こす場合も抗生物質の飲み薬を使うえば問題にはなりません。
お子様の(ムスコの)健やかな成長のためにも、しっかりとした知識が必要です。

幼少期の包茎は焦らずに

幼少期の「生理的包茎」の時期に包茎を気にする親は少なくないようです。
最近は、包皮を反転させて洗い、清潔にするよう指導される場合もあります(実際に私も親に指導されました^^;)
しかし「幼少期に無理にむいて洗うのは危険」とされているので注意が必要です。

それは、子どもの包皮は伸びにくく、無理にむいて洗うと包皮が傷つき、傷跡が修復される過程で真性包茎になってしまう場合があるからです。
包皮をむかない状態で普段からきれいに洗えば済みますし、包皮炎を起こす場合も抗生物質の飲み薬を使うえば問題にはなりません。
お子様の(ムスコの)健やかな成長のためにも、しっかりとした知識が必要です。

包茎のデメリット

もしあなたが包茎でも、人に話すようなことは無いでしょう。
しかし包茎(特に真性包茎)には、放っておく事は出来ない下記のようなデメリットがあるんです。

・包茎は見た目がカッコ悪い
・包茎は幼くマザコンのイメージを与えてしまう可能性がある。
・包茎はどこか暗い印象である
・包茎は包皮が陰茎の成長を妨げる → 短小の原因
・包茎は包皮により亀頭が過保護 → 早漏の原因
・包茎はネットリした恥垢が溜まり悪臭を放つ
・包茎はカリが小さくなる → 女性に有効な刺激が与えられない
・包茎はウイルス性や性病の菌であれば性病にかかりやすい
・包茎はコンプレックスにより勃起不全になりやすい
・包茎は病気の温床を作り、包皮炎や亀頭炎になりやすい

このようにいろいろな問題があります。特にED(勃起不全)になりやすいといわれているので、健全な男性としての営みが出来なくなる可能性があるのです。

包茎の種類

ひと言で「包茎」と言っても人によっていろいろな種類があります。その種類は大きく分けて下記の3つがあります。

自分がどの種類に当てはまるのか、しっかりと把握しましょう。

真性包茎

真性包茎は、普段でも勃起時でも包皮口が狭いために亀頭が全く露出できない状態のものを言います。

包皮口が非常に狭い状態のために、手で剥こうとしても全く剥くことが出来ません。包皮口が狭いだけでなく亀頭と包皮が癒着している場合もあり、無理に剥がしたりすると出血などの可能性があります。

ほとんどの子供は包茎ですが、成長と共に包皮が後退し始めます。おおむね思春期(18才頃まで)を過ぎても正常に剥けないようであれば手術や治療が必要です。包茎の状態では亀頭の正常な成長が妨げられるために、先細りや短小の原因にもなり、将来の夜の生活を妨げる病気の原因にもなります。

性行為の際には、勃起による痛みや不衛生な状態のため炎症や感染症を起こしたりする場合があります。

仮性包茎

仮性包茎は通常時は包皮に覆われているが、手で剥けば亀頭が露出できる状態のものを言います。

仮性包茎は程度によっては日常生活に影響がない場合もありますが、通常は包皮が覆っているために外部からの刺激に弱くなり早漏の原因となったり、不衛生になりがちのために真性包茎ほどではありませんが、炎症や感染症を引き起こす可能性が少なからずあります。

真性包茎と違って痛みもないため、仮性包茎のままでいる人も多いようで、包茎で悩んでいる人のほとんどが、この仮性包茎であると言われています。

しかしこの仮性包茎は、海外では異常なものとは見なされていないこともあり、日本においても必ずしも手術が必要とは言い切れません。

カントン包茎

カントン包茎は、無理に剥けば亀頭の露出が出来るが包皮口が狭いために、剥いた包皮が亀頭の下の陰茎を締め付けてしまう状態のものを言います。

カントン包茎の状態で性行為を行うと、包皮が裂けて出血したり、陰茎が締め付けられたために先端の亀頭が壊死する危険性があります。

Leave a Reply