毛じらみ(ケジラミ)

毛じらみ(ケジラミ)とは

じらみ(ケジラミ)とは、 ヒトシラミ科に属し、体長1-2ミリで、3本足を持ち、カニに似ており、色調は灰白色、灰白黄色ないし褐色のシラミのことで、このシラミが寄生することにより発生する疾患のことです。成虫は肉眼で確認できます。

成虫の平均寿命は22~28日です。アポクリン汗腺を好み、陰毛部で生活します。毛じらみは1日数回吸血し、1日に2~3個の卵を産みます。虫卵は陰毛に産み付け白い点状の粒として観察されます。成虫は、24時間血を吸えなければ死んでしまいます。ただし卵は10日間生き続けます。

毛じらみ(ケジラミ)の感染経路

毛じらみ(ケジラミ)の感染は性行為が主な原因となりますが、皮膚の接触だけで感染する可能性もあります。また、ベットやタオルを共用したり、プールやサウナなどで感染する可能性もあります。

毛じらみ(ケジラミ)の症状

毛に寄生したシラミが吸血することにより、激しい痒みを発症します。

そのシラミが吸血することにより、下着に血の斑点が付着することもあります。

また、痒み以外にも発疹や化膿が見られる場合もあります。 潜伏期間は1~2週間で治療期間も1~2週間程度です。

毛じらみ(ケジラミ)の治療

毛じらみ(ケジラミ)を治療するためには、陰毛を全部剃ることが一般的です。 剃毛をすることにより毛じらみの成虫が生息できない環境にし、卵を陰毛に産み付けられないようにすれば、簡単に治ります。

何かの事情で剃毛出来ない方には、次の2つの方法があります。

1.目の細かいクシで陰毛を丹念にすくことで、陰毛に付着した卵を除去する治療方法。

2.毛じらみの殺虫成分を含んだシャンプー等(2000~3000円程度)を使うことで治療が可能です。

これらを指示通りに使用することで毛じらみは簡単に死滅します。

毛じらみ(ケジラミ)の予防

毛じらみ(ケジラミ)は他の性病・性感染症とは異なり、コンドームでは予防できません。

やはり不特定多数の異性との性行為の自粛し、ふだんから清潔にしておくことが、一番の感染予防策といえます。

Comments are closed.