【勃起力・持続力】パワーアップのための治療

夜の生活でお悩みの方は必見です。

早漏防止、亀頭増大・強化、陰茎増大、長茎手術などについて紹介しています。

早漏防止について

早漏とは

早漏の定義(最新版)
早漏の医学的な定義には諸説ありましたが、2003年の性機能障害に関する国際コンサルテーション会議(於・パリ)で出された次の勧告が、今のところ最新のコンセンサスとなっているようです。
以下の3つの診断基準を満たす場合を早漏と診断する。(「膣内射精潜時(intravaginal ejaculation latency time)」とは、膣内にペニスを挿入してから射精までの時間。)

(1) 膣内射精潜時が、短い。
(診断基準に合致する必要は無いが、膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする。)
(2) 射精のコントロールが不能。
(3) 本人、またはパートナーの心理的な苦痛。

◆ 早漏の分類

(1) 原発性か? 続発性か?(元々、早漏? 後から早漏に?)
(2) どんな場合でも発生するのか? 特定の状況で早漏になるのか?
(特定の状況: 例えば、特定のパートナーの場合だけ、早漏になってしまう場合。)

◆ 女性パートナーが希望する膣内射精潜時

(小学館「sabra」誌アンケート: 日本人女性1000人、平均24.7歳)
(1) 平均15.7分
(2) 3分以内希望: 3%
(3) 30分以上希望: 14%

◆ 早漏の定義(従来の諸説)

(1) 挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反して、最小の性的刺激で射精してしまい、これが反復ないし持続する状態。
(American Psychiatric Association : Diagnostic and statistical manual of mental disorders, 4th ed, Washington DC, 1994.)

(2) 膣内射精潜時が2分以内で、これが過去6ヶ月以上の間に性交の50%以上で発生する場合。
(Waldinger, M.D. : Paroxetine treatment of premature ejaculation : A double-blind, randomized, placebo-controlled study, Am J Psychiatry, 151 : 1377-1379, 1994.)

(3) 不十分な勃起状態で挿入前、挿入15秒以内の射精。
(World Health Organization : International classification of diseases and related health problems (10th ed.), World Health Organization, Geneva, 1994.)

(4) 挿入60秒以内の射精。
(McMahon, C. G. et al : Treatment of premature ejaculation with paroxetine hydrochloride. Int J Imp Res, 11:241-246, 1999.)

(5) パートナーが希望する挿入から射精までの時間内で、射精をこらえられない場合。
(白井將文 : 早漏、泌尿器科診療 Questions & Answers, p1248-1249, 六法出版社, 東京, 1983.)

早漏の原因

早漏の原因として考えられているのは、そのほとんどが心理的な要因であるといわれています。

男女の関係の経験不足、性への劣等感、性交への不安、過度の緊張、家庭内人間関係のトラブル、職場・仕事のストレスなどです。

それらが原因で「早く射精してしまった経験」が頭の中に存在し、再び性交する際に蘇り「今日もまた早い」と考えてしまい、また繰り返してしまう事が多いのです。

また、ペニスは完全に勃起している状態より、いくぶん柔らかい状態の方が過敏に反応するため、中高年の勃起力低下も原因のひとつにあると言われています。

上記の経験不足という原因からもいえますが、基本的に刺激に弱いことも原因のひとつです。

早漏の治療方法

早漏の原因でも整理したように、早漏の原因の多くが心理的なものであると言われています。

ということは、その男性の強い意志さえあれば早漏を治療・克服することは出来るのです。

一時しのぎの早漏防止グッズやスプレー塗り薬に頼らずに自らの、ちょっとした努力で根本的に早漏を解消してみませんか。

その方法は、ストップ&スタート法と言われており、やり方は以下のような感じです。

自慰をする要領で、手を添える。
自慰を開始し、射精しそうになる直前で止めます。射精をしてはいけません。その前で必ず止めます。
萎えて、硬度が50%以下になった後、再度自慰を始めます。

※射精しそうになったら、先端を握るという方法で止めます。これを、一回の訓練で4、5回行います。

※自分で、射精のタイミングが分かるようになりますので、それが最初の成果となります。

※自慰の際、女性が官能の最中にあることを想定します。

次の段階では、女性のオーガズムを空想して、自慰を行います。女性が絶頂に達するシーンを、自分なりに想像して、ストップ&スタート法を行います。
上記の段階までの作業に慣れてきたら、女性の手を使って、最初から繰り返します。

女性の手によっても、射精の時期が事前に分かるようになり、次第に時期が延びて行きますから、あとは頃合を見計らって、挿入していけば良いのです。

亀頭増大・強化について

夜の生活でお悩みの方は必見です。

亀頭増大・強化について紹介しています

亀頭増大・亀頭強化とは

男女の営みの際の男の最大の武器は、太さ・長さ・カリ高ともいわれていますし、亀頭が小さいと、ペニス全体が小さいような印象を与えてしまいます。

そこで、亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸、アクアミドなどを注入して、カリ高を実現しながら早漏を防止します。

この手術に成功すれば、女性を満足させられる強い男になれます!

手術費用は、10万円~30万円程度が相場です。

亀頭増大・亀頭強化手術の方法

コラーゲン注入法

コラーゲンとはたんぱく質のひとつで肌のハリを保つ成分のことで、いろいろな治療に幅広く利用することが出来ます。
この方法は、アレルギー成分を可能な限り除去して精製したコラーゲンを亀頭周辺に注入することにより、亀頭を増大させます。

当然のことながら、亀頭増大の効果は注入方法・注入する層により大きく左右されます。
治療時間:5分~10分程度

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸とは、体内(皮膚や眼球、関節など)に含まれている自然物質のことで、コラーゲンと同じく肌のハリを保つ効果がある成分です。
ヒアルロン酸を亀頭周辺に注入することにより、亀頭を増大させることができ、亀頭増大の効果は注入方法・注入する層により大きく左右されます。

治療時間:5分~10分程度

アクアミッド注入法

アクアミドとは、ポリアクリルアマイドというソフトコンタクトレンズと同様の原料で作られた硬質のゲルで、人体に吸収されにくい特徴を持っています。
そのためヒアルロン酸のように半年~1年程度で効果が消えてしまうというようなことはなく、半永久的な効果があるといわれています。

アクアミドを亀頭周辺に注入することにより亀頭を増大させることができ、亀頭増大の効果は注入方法・注入する層により大きく左右されます。
治療時間:5分~10分程度

脂肪注入法

お腹や太ももから皮下脂肪を吸引し、これを亀頭周辺に注入します。
亀頭増大の効果は注入方法・注入する層により大きく左右されます。治療時間は30分程度。術後は脂肪吸引部にテーピングをし、亀頭に包帯を巻きます。
この方法は、自分の余計な部分の脂肪を取り除く事ができるので、ダイエットとしても効果があるかも。

亀頭増大・亀頭強化手術の効果

亀頭増大・強化手術の効果には下記のようなものが考えられます。
・刺激に強くなり、早漏の改善に効果的と思われます。
・亀頭が硬くなり、性行為時のパワーアップになり、女性へより満足感を与えられると思われます。
・注入量・回数にもよりますが、増大効果も期待できます。

陰茎増大について

陰茎増大について紹介しています。

陰茎増大とは

陰茎に脂肪を注射して太くする方法です。
平常時および勃起時の陰茎が太くなります。治療をすると治療前と比べて平常時に陰茎が縮みにくくなり長く見えることもあります。亀頭増大術を併用すると更に効果的です。

陰茎に脂肪を注入します。その治療時間は約10分程度です。術後3日間は陰茎に包帯を巻きます。包茎がある場合は包茎も同時に治す必要があるので、包茎手術と同時に陰茎の脂肪注入術を行います。

手術費用は20~35万円程度が相場です。

陰茎増大手術の方法

お腹や太ももから皮下脂肪を吸引し、これを陰茎全体に注射器で均等に注入します。

担当医師の技術によって結果が大きく左右される治療ですから、経験豊富なクリニックでの治療をおすすめします。

治療時間:30分程度

包茎がある場合は包茎も同時に治す必要があるので、包茎手術と同時に陰茎の脂肪注入術を行います。

陰茎増大手術の効果

平常時および勃起時の陰茎が太くなります。

治療前と比べて平常時に陰茎が縮みにくくなり、長く見えることもあります。

亀頭増大術を併用すると更に効果的です。

長茎術について

長茎術について紹介しています。

長茎術とは

長茎術として主たる方法には埋没陰茎矯正式長茎術という方法があり、それはペニスは体の中に埋まっている部分が多くあり、これを体外に引き出すことでペニスを長く見せることができる方法です。

また、恥骨部脂肪吸引式長茎術という方法もあり、それは太ってお腹のぜい肉が多くなると、ペニスはお腹の中に埋まってしまうので、過剰な皮下脂肪を吸引除去してペニスを長く見せることができます。

長茎術の方法

ペニスと恥骨を固定しているじん帯の一部を剥がして、ペニスが過剰に屈曲した状態を解除し、体外に引き出します。恥骨からペニスを完全に分離させるわけではありませんから、勃起時にペニスがぐらついたり、勃起の角度が悪くなったりする心配はありません。

また、傷は陰毛の中に隠れてしまうので目立つ心配はありませんので安心です。

治療時間:は20~30分。

長茎術の効果

長茎術の効果には個人差はありますが、2~5センチの陰茎の延長効果が期待できるようです。

s軽い包茎であれば、この手術だけで治ることもあります。

陰茎の埋没が強く包茎手術単独では完全に包茎を治すことができない人の場合、この手術を併用することで改善することが期待できます。

Comments are closed.