淋病

淋病とは

淋病とはNeisseria gonorrhoeae(淋菌)を病原菌とする性感染症で、尿道からでた膿のなかの白血球内にみられます。

感染は患者粘膜からの浸出物により起こり、感染は殆どが性交により起こり、一回の性交での感染率は30%ほどで非常に高いので注意が必要です。

肛門、直腸にはアナルセックスにより、口腔、咽頭にはオーラルセックスにより感染するが、菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で感染することはほとんどありません。

淋病の感染経路

淋菌は、体温と同じ温度ぐらいでしか生きられないため、体外へでたら数時間で死滅してしまいます。よって、性行為以外での感染はほとんどみられません。

主にセックスによる子宮頸管(子宮の入り口)男性は尿道へ感染しますが、オーラルセックス、アナルセックスにより、咽頭、口内、そして肛門や直腸にも感染するケースがあります。

淋病の症状

感染後数時間から数日で発症します。

咽頭への感染の場合は、咽頭炎

性器の場合は、尿道炎(男性のみ)、子宮頚管炎(女性のみ)が発祥します。

男性の場合は排尿時や勃起時などに激しい痛みを伴ういますが、女性の場合は自覚症状に乏しようです。

このように女性は症状が軽いので気付かないケースが多いようですが、放置して悪化させてしまうと子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎を起こしてしまい、腹痛や発熱を伴うことが多くなり、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。

また、フェラチオ等で咽頭に感染した場合、性器感染に比べ治療に時間がかかると言われています。

淋病の治療

男性の場合の治療は、泌尿器科・性病科

女性の場合の治療は、産婦人科・性病科を受診するのが良いでしょう。また、咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科。

スペクチノマイシン、セフォジジム等の抗生物質の投与で治癒する方法があり、治癒に要する期間は2,3日~数週間。

ただし近年は抗生物質の乱用から高い耐性を持つ耐性菌が蔓延しつつあります。耐性菌に感染した場合は、長期にわたってしまう可能性があります。

淋病の予防

淋病を予防するには、やはり性行為の際必ずコンドームを着用するようにすることと、不特定多数の異性との性行為の自粛することが感染予防の方法と言えます。

Comments are closed.