包茎治療・包茎手術

包茎手術のメリット

「包茎のデメリット」で整理したデメリットをすべて克服できるという点がメリットと言えます。

そのうち、包茎手術を受けることによる最大のメリットは見た目の満足であると考えられます。

包茎手術の方法

包茎手術の方法には、いろいろな方法が開発されていますが、「真性包茎」、「カントン包茎」の方には切る包茎手術を、「仮性包茎」の方には切らない方法をお奨めしております。

【切る包茎手術】

レーザー治療法

「レーザー治療法」は亀頭のすぐ下の皮を環状に切除し縫い合わせる方法です。

この方法の特徴は、ペニスの性感帯のうち最も重要なの「包皮小帯」(一般的には裏スジと呼ばれる部分)を残して手術をする点です。

「包皮小帯」は性感が集中している部分ですので、これを傷つけてしまうと性感が大幅に低下してしまいます。そこで当院の包茎手術は「包皮小帯」を含めた裏側は残し、それ以外の表側は切除ラインは亀頭のくびれに隠れ、シワと区別がつかないようにします。

根元部分切開法

陰毛に隠れたペニスの根元の皮膚を半周ほど切除し、皮を剥いた状態で縫い合わせます。根元部分切開法では、手でむいたような自然な仕上がりで、もちろん性感帯である 「包皮小帯」も残ります。さらに、切った部分は陰毛で隠れて見えなくなるので、通常時でも勃起時でも誰が見てもわからない包茎手術です。
ただし、ペニスの根元の皮は伸びやすく、治療後にセックスやマスターベーションをすることで皮が伸び、再び再発する可能性もあります。
治療法の選択は、患者様と院長との相談のうえ決定していきましょう。
仮性包茎の方には切らない方法をオススメします。

【切らない包茎手術】

ナチュラルピーリング法

皮の余りの少ない方は切らないで行う包茎手術法『ナチュラルピーリング法』。

この包茎手術方法は、剥いた状態の皮を美容外科用の細い糸で数ヶ所縫って、剥くクセをつける方法です。

この方法のメリットは、皮を切ることなく治療を行うので、全く傷が残らずに自然な仕上がりになるという点なのでオススメです。

根元部固定法

切らない包茎手術として、余った皮を医療用生体接着剤を使い根元で固定する、『根元部固定法』があります。

この方法ですと全く痛みも無く包茎を治療することが可能ですが、デメリットとしては半年ほどすると医療用生体接着剤の接着力が落ちてくるので、再び皮が被った状態になる可能性があるという点です。

Comments are closed.