「仮性包茎は手術をしないほうが良かった!?洗脳だった!」

包茎DJ

こんにちは!
包茎Radioの時間です。

包茎DJ

今日のお便りは
「仮性包茎は手術をしないほうが良かった!?」です。
それではさっそく「チェケラー!」
ラジオ放送 イメージ

「仮性包茎は手術をしないほうが良かった!?」ここから

あなたは仮性包茎にコンプレックスを持っていますか?
なんで仮性包茎は嫌だとか恥ずかしいとかそういう風に思うんでしょうか?
でもその理由を、ハッキリと答えられるひとは少ないです。
なぜならその考えていうのはメディアに洗脳されただけの間違った考えだからです。

仮性包茎が「ダメ」というのは洗脳だった!

なぜ日本人は「仮性包茎がダメ」だと思い込むようになったのか?
実は、これは美容外科の先生が金儲けのためにやりはじめたのがきっかけなんです。
実際に日本で包茎手術を始めたある美容外科の先生が包茎手術について語っている本というのがあります。
その中で彼はこういう風に言ってるんです。

(※割礼とは、包茎手術のこと)
「僕が包茎ビジネスを始めるまでの日本は包茎に興味がなかったんだよ。だけど僕が海外で仕事をしてるとユダヤ人の人とかキリスト教徒の人とかみんな割礼をしているということを知ったんだ。しかし日本人は割礼をしていない。
だから日本人口の半分五千万人が割礼すればビッグターゲットになると思ったんだよ。

それで、雑誌の記事で女の子に包茎は不潔で汚くてダサいとか包茎は直さなくっちゃ私たちは相手にしないっていう風に言わせて土壌を作ったんだよ。
なんと、昭和55年の頃手術代金15万円でやっていたんだよ。

包茎DJ

なんて医者だ!

この本で言われているとおり、仮性包茎は良くないっていう情報発信は元々はヤラセだったということをこのお医者さんがはっきりと言っています。
包茎うんぬんよりも、金儲けのために、「包茎はダメ」というレッテルを貼ったのです。
メディアの力っていうのは大きいので、知らない間に日本ではそれがまかり通ってしまったのです。

仮性包茎にはメリットがある!

近年アメリカでは包茎手術が必要かどうかっていうことをめぐって30年にも及ぶ大論争が繰り広げていたんです。
そしてやっと、医学的な検証を繰り返したことによってある事実が判明したんです。

・1つ目はペニスの皮はすごく敏感な性感帯であるということがわかった。
・ 2つ目はペニスの皮が膣の中での動きをスムーズにして女性の快感を上げていたのです。

1:ぺニスの皮は敏感な性感帯だということについて

これまでの考えではペニスの皮は男性の気持ちよさを鈍らせるという風に言われてきました。
しかし、ペニスの皮には多くの神経が集中して大切な性感帯であるということがわかったのです。

なので皮を切除するっていう手術をしてしまうということは本来得られる快感を損なってしまうということになります。

包茎DJ

快感が減っちまうのはやだな!

2:仮性包茎は、女性の快感をあげる

仮性包茎男性とのセックス時、ペニスが挿入されると包皮が膣の壁に密着して 中でペニスだけが動くということが起きてきます。

その二重構造のおかげでその中の摩擦と愛液が乾くことを防いでくれるんです。
すると女性の快感が保たれるということなんです。
アメリカとオーストラリアの協同の研究で包茎手術をすると女性のオーガズムが半減するという論文が発表されているほど女性は包茎のペニスの方が気持ちいいんだそうです。

包茎DJ

そいつは、すごいね!
仮性包茎とは優秀なんでしょう。
男性も女性も気持ちいいっていうことなんです。
ねでここからが重要なんです。

包茎DJ

このことがわかったら、もう仮性包茎でもいいような気がしてきたな!
貴重なご意見どうもありがとう!
チェケラー