18歳の高校卒業時に「包茎手術」した体験談

手術

包茎DJ

さて、今日のお便りは、【18歳の高校卒業時に「包茎手術」した体験談】だ!
さっそく行ってみよう!
チェケラー
ラジオ放送 イメージ

【18歳の高校卒業時に「包茎手術」した体験談】ここから

今回する話は包茎手術をした時のお話をしたいと思います。
私が18歳の時の話です。

当時は、高校卒業したら自衛隊に就職が決まってたんです。

包茎DJ

ほお、やるねぇ
やっぱ自衛隊って共同生活だからみんなでお風呂入るじゃないすか?
みんな剥けてるのに自分だけ、包茎だったらちょっとみっともないなと思ったのが、包茎手術に踏み切ったきっかけです。

包茎DJ

わかるぜ!その気持!

卒業して4月に就職するまでその間に行ってしまうと思って、もう3月の初め高校を卒業したらクリニックに電話して予約を入れました。
その時の、印象は「真性包茎は保険がきくんだけど仮性包茎の場合は保険きかない」ということですね。

包茎クリニックに行ってみて

クリニックの待合で待っていると、
お客様20代から40代までのお客様たくさんできました。
回転率がいい感じです。

包茎DJ

みんな包茎で悩んでいるんだね。
自分の名前が呼ばれ、診察してらすぐ手術という流れでした。

手術後

若いから朝立ちの痛みで目が覚めることがありました。
普通に寝てるでしょ、寝てて目が覚めることもありました。

包茎DJ

やっぱり包茎手術のあとは、1~2ヶ月は痛いらしいね。
自衛隊は、いまはやめていますが、当時はやはりお風呂のときとか裸になるので「包茎手術をしてよかったな」と思います。
以上です。

包茎DJ

そうか!
貴重な体験談をありがとう!